爆雪で冬季閉鎖するスキー場で車中泊、美食探求の旅【長野県大町/新潟県魚沼市】

長野&奥只見スキー場車中泊

2023年12月半ば、自作のキャンピングカー「ボンゴ」で、新潟県上越市〜長野県の青木湖エリアへ車中泊旅に行ってきました。この記事では、YouTubeチャンネル「たつおと海子 Tatsuo&Umiko」にアップした旅の様子をまとめます。

動画はこちら!

こちらは、新潟県上越/長野県青木湖旅の続きです。ぜひ前回の記事もご覧ください!

青木湖雪中キャンプ車中泊

目次

美食あふれる長野で人情に触れた

前回の動画で1夜を過ごした青木湖キャンプ場を後にし、長野県大町市へ。

Google Mapsで見つけた「中国料理 俵屋飯店」では、驚きの安さと美味しさに感動します。特に餃子が絶品で、その美味しさに再注文。

商店街の酒屋では以前から欲しかった井筒ワインの「生ぶどう酒」を2本ゲット!地元の産直で手に入れた長野県産りんごも絶品で、旅の美食探求が捗りました。

あわや車中泊難民!

「湯けむり屋敷 薬師の湯」で貸切の露天風呂を満喫し、雪景色の中でリフレッシュします。いざ車中泊場所に向かいますが、通行止めでたどり着けず車中泊難民に。

「アルプス展望広場・夢の駅」という農業体験施設のご主人のご好意で、駐車場にて車中泊をさせていただけることになり、無事1夜を明かすことができました。ご主人の人情に感謝!

地元グルメと地酒

翌朝、長野から新潟へ向かう途中、「道の駅 信越さかえ」にてハクビシンのジビエ肉と地元産のトマトを使用したトマトジュースを入手。

お昼は、新潟県十日町の「繁蔵 田麦そば」で、新潟の郷土料理であるへぎそばをいただきました。その後、蕎麦屋の隣の酒屋で新潟の地酒、高千代酒造の「高千代 純米しぼりたて生」を購入。2023年の思い出を語り合いながら、新潟県奥只見を目指します。

豪雪地帯、奥只見での車中泊

「見晴らしの湯こまみ」でひとっ風呂浴びた後、奥只見シルバーラインに入り、18kmに及ぶ長いトンネルを抜けて「奥只見丸山スキー場」に到着。

この地域は雪が多いことで知られ、奥只見丸山スキー場は1/4から春シーズン開始まで豪雪のため休業するスキー場です。

到着時間が早かったので、きなこ餅を食べながらお茶タイム。美味しいおやつと共にリラックスしたひと時を過ごします。

初めてのハクビシンの料理、その味は…?

夕食は、道の駅で手に入れたハクビシンとトマトジュースを使ったカレー。見た目以上にあっさりしており、ジビエらしい食べ応えのある美味しいお肉でした。道中ゲットした高千代酒造のお酒と共に。

パウダースノーと初滑り

翌日、氷点下の寒い朝を迎えました。雪は昨晩で40cm以上積もり、たつおは念願の初滑りへ。途中で出会った視聴者さんからのコース情報を活用しつつ、非圧雪バーンでの滑走とパウダースノーを満喫したのでした。

スキー場を後にし、2人の旅は群馬方面に向かって続いていきます。次回の旅もお楽しみに!

群馬県沼田市車中泊

この旅で行った場所

中国料理 俵屋飯店
湯けむり屋敷 薬師の湯

アルプス展望広場・夢の駅
道の駅 信越さかえ
繁蔵 田麦そば

見晴らしの湯こまみ
奥只見丸山スキー場