北海道車中泊旅#2 マイナス24℃の夜【釧路〜陸別】

北海道車中泊旅_釧路~陸別

2024年1月、2WDの自作キャンピングカー「キャラバン」で、冬の北海道を旅してきました。北海道は見所も多く、とにかく広いので、車中泊で自由気ままに旅するのにぴったり。

今回は海の幸が豊富な釧路、そして日本一寒い町として有名な陸別を旅します。こちらの内容は、YouTubeチャンネル「たつおと海子 Tatsuo&Umiko」で動画でも公開しています。この記事では、その動画内容を要約して紹介します。

動画はこちら!

今回の内容は苫小牧〜襟裳岬を旅した続きです。ぜひ前回の記事もご覧ください!

北海道車中泊旅1えりも岬

目次

釧路和商市場で魚介を堪能

晩成温泉から釧路方面へ向けて出発したたつおと海子。以前夏に訪れた際に食べた「チーズ工房白糠酪恵舎」のソフトクリームが忘れられず、寄り道しようとしていましたが、冬季販売していなかったため残念ながらお預けとなりました。

釧路に到着した我々は、新鮮な魚介類が並ぶ「釧路和商市場」へ。好きな具材が選べる名物「勝手丼」を堪能しました。カニ専門店では、新鮮なタラバガニを購入。

タンチョウが訪れる町で車中泊

この日は「道の駅 阿寒丹頂の里」で車中泊。併設されているRVパークにチェックインします。1,500円でゴミ処理と1人分の入浴券、ドリンク割引チケット1枚が付いてきました。

夕食は和商市場で手に入れたタラバガニ。身入り、味共に最高で北海道食材の凄さに感激ました。しかし、大きすぎて2人では食べきれず、残りはタッパーへ。道の駅の敷地内に温泉があるので、入浴でゆっくりと疲れを癒し車内で就寝。

翌朝、すぐ近くの「阿寒国際ツルセンター」でタンチョウを観察。(入館料:480円)予想以上のタンチョウの数にびっくり。貴重な体験をさせていただきました。

昼食は、北海道旅1日目にむかわ町で入手した恐竜ラーメンを車内で調理。昨日食べきれなかった残りのタラバガニもトッピングして、豪華に仕上がりました。

日本一寒い町、陸別で車中泊

「銀河の湯あしょろ」での入浴後、日本で1番寒い町として知られる陸別へ。この日は「道の駅 オーロラタウン93りくべつ」で車中泊します。夕食は、手作りの焼売。最近購入した蒸し器が活躍しました。

明け方には、気温はマイナス24度まで低下。ヒートテックの進化版ダウンパンツを身に着け、さらに寒さ対策を強化。厳しい寒さを乗り越えるために様々な対策を講じます。

翌朝、人気回転寿司チェーン、トリトンを目指して北見方面へ。2人の旅はまだまだ続きます!

この旅で行った場所

釧路和商市場
道の駅 阿寒丹頂の里

阿寒国際ツルセンター
銀河の湯あしょろ

道の駅 オーロラタウン93りくべつ